【重要】新型コロナウイルス感染症の影響による、お荷物遅延に関して
クララスティル

※パッケージは変更になることがありますので必ず商品詳細をご確認の上ご購入ください。

クララスティル

ブルシェッチーニ/Bruschettini

5,800

ポイント: 58 Pt

日本国内は1点からでも送料無料!

クララスティル 5mL

個数 定価 販売価格
(1箱単価)
購入
1本 7,540円 5,800円
3本 12,610円 9,700円
6本 18,720円 14,400円

クララスティルの商品説明

クララスティルは、愛犬の白内障対策に高い効果を発揮する犬用の点眼薬です。
目に浸透することで白内障の進行を抑え、視力の低下を防ぎ、正常な状態で保ちます。
有効成分として配合されているのはN-アセテルカルノシンという成分で、抗酸化作用に優れています。
目の中に入ることで、もともと水晶体の中に含まれているカルノシンという抗酸化物質のかわりとして働きます。
これにより、不足していたカルノシンの働きを補い、水晶体の酸化を防いで白く濁るのを防ぎます。
このような仕組みによって白内障の症状が進行してしまうのを防ぎ、愛犬の視力を正常な状態で維持します。
また、涙と似たような働きをする成分も配合されているため、細菌やウイルスの感染防止、ドライアイの改善にも効果が期待できます。
欧州の医薬品安全規格を取得している製品のため、安全性と信頼性に優れており、不安や心配をあまりせずにお使いいただけます。

使用方法

    症状改善目的で使用する場合、1日2回(朝・夜)、両目に1滴ずつ滴下します。
    2ヶ月目以降は、1日1回、両目に1滴ずつ滴下してください。
    ただし、使用開始1ヶ月目で視力改善の兆しが見られない場合には、2ヶ月目以降も1日2回の点眼を継続してください。

注意点

    抗酸化作用があるサプリメントと併用すると、効果が半減してしまうのでご注意ください。
    ほかの点眼薬を使用する場合、どちらかを点眼したあと、1時間ほど待ってから次の点眼薬をご使用ください。
    ピレノキシン系点眼薬との併用は禁止されているため、お控えください。

    ※用法・用量、注意点、副作用などに関しては一般的な薬剤情報を訳したものです。服用・使用前は医師などの専門家に相談した上で必ず用法・用量に従って頂ますようお願い致します。
    また、服用や使用に関しては全て自己責任となり当サイトでは一切の責任を負いかねます。

副作用

クララスティルの有効成分

有効成分 N-アセテルカルノシン、グリセリン、カルボキシメチルセルロース、ベンジルアルコール、ポタシウム炭酸水素塩、無菌

クララスティルのくすりの評判

クララスティルの使用をしたことのある飼い主さんの「良い評判」と「悪い評判」をそれぞれチェックして購入前の参考にしてください。

クララスティルの良い評判

13歳の老犬に使ってますが、使う前を比べたら目の濁りが薄くなりました。最初は1日2回も目薬するのは大変でしたが、回数を重ねると私も愛犬も慣れてきて、失敗せずに短時間で目薬タイムが終わります。今は1日1回で十分なくらいで、心の底から使って正解だと思ってます。
動物病院のじゃない目薬は本当に大丈夫なのかと不安に思いましたが、使ってみても全く違いが分かりませんでした。この調子で継続していこうと考えてます。
クララスティルで目がよく見えるようになったからか散歩のペースがかなり上がりました!!ミルクちゃんが元気だと自分も嬉しいので、絶対に使い続けます!!普通に買っても病院よりは安いですが、まとめ買いの方が絶対お得です☆☆☆

クララスティルの悪い評判

副作用はなさそうですが、見た感じだけでは効果があるように思いません。使い続けるか悩みます。
動物病院と比べると安い。ただ、ジェネリックのシーナックのほうがもっと安い。
白内障が進行しているせいか使ってもそこまでの効果は得られませんでした…。とはいえ、このまま進行を見過ごすわけにもいかないので使いつづけます

クララスティルの口コミ

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

ロングコートチワワを飼っています。数ヵ月前から白内障の症状が見られるようになり、最初はシーナックを使ったんですけど医師から進行してしまったと言われて中断しました。そのあとはブルーベリーの成分が含まれたサプリメントを使ったりしていましたが、それでも大した結果にならず。藁にも縋る思いでクララスティルを試してみたところ、少し見えるようになったみたいでよかったです。

クララスティルの名前を見て、見覚えあるなと思ったら、私の祖父も使っていた目薬でした。祖父は実際にクララスティルの力で白内障をだいぶ改善したので、むーちゃん(愛犬)もいっしょにがんばろう!と決意してなんとか続け始めました。病院でもいいんですけど、最近はもっぱら通販メインになってきてます。先生に相談できないのは心配ですが、通販で買うと意外と継続しやすいです。

うちの犬はもともと目が大きく飛び出し気味なのもあり、ドライアイに悩むことが多かったです。油断すると目やにがバーッと出たりして、毎回病院に行って目薬をもらってました。目薬をさすのが苦手な飼い主と、目薬をさされるのが怖い愛犬でしたが、クララスティルを買った時は頑張ってさしました。努力が実ったのか、ここ最近は目やにも目の腫れも全く出てないです。

病院で白内障が発覚し、その時点で半分諦めていました。ペットの白内障はこれが初めてじゃなく、以前飼っていた鳥も白内障でしたし、その時に「進行を遅らせても完治はしない」と言われていたからです。ですが犬の白内障治療にクララスティルという優秀な目薬があったおかげで、愛犬の目に少しずつ希望を見出せるようになりました。通販のおかげで相当安く買えますし、助かってます。

うちのわんこが白内障の診断を受けました。若くないとはいってもまだ7歳のわんこがこの病気になるのはショックでした。この時まで私は、白内障の治療について全く知りませんでした。目薬で治療ができることも、通販でその目薬を買えることも知りませんでしたね。このことを知ってからは通販のクララスティルを愛用してます。わんこの動きに少し活発さが戻ってきたような気がします。

愛猫が白内障を発症したので、本当に効く治療方法を探しました。クララスティルの存在を知って、とにかく三週間ぐらい続けてみましたが、目に見える変化はありませんでした。一ヶ月半続けてみて、この時点でどうやら白内障の進行自体は穏やかになっていることがわかりました。見え方が改善するにはまだまだ時間がかかりそうです。猫のことを考えたら気楽になれませんが、地道に続けます。

我が家で飼っているトイプードルは5歳頃から白内障の診断を受けてしまい、最初は手術も考えましたが最終的にこちらの目薬を使うことになりました。使ってみて実際に白濁した状態が元に戻ってきているような感じはしませんが、進行具合はピタッと止まったかな?といえるほど遅くなったと思います。とりあえず失明だけは避けたいので、このまま継続していきます。

いつの間にか目が全体的に白くなってしまい、散歩の際もあまり周囲の状況を把握できていないように見えました。病院へ行ってみるとやっぱり白内障の症状が出ているといわれたので、その際にクララスティルを処方してもらうことになりました。すると進行具合はとても遅くなり、愛犬が元気になったようにも感じました。もうちょっとこちらを使って様子を見ていきたいところですね。

使い始めて1年とちょっと経ちました。左目にはとても効果が見られましたが、右目にはいまいち効果がないみたいです。進行は相変わらず進んでいるような状態ですが、そのスピードはかなり落ちたかなと思っています。完璧な薬とまでは個人的に言えませんが、使わないで放置するよりも断然マシです。愛犬を守るためにも、頑張ってクララスティルを使っていきたいと思います。

もう2年以上はクララスティルを使っています。うちの子は今年の春に13歳という歳ですが、どうやらちゃんと見えているようです。ただ白内障の進行が完全に止まったわけではなく、その進行速度が大幅に遅くなったといった感じ。ただそれでも、使わないよりかは間違いなくいいので今後も使い続けていきたいと思っています。目の病気にはとてもおすすめのお薬なので試してみてください。

こういう目に直接使う点眼薬は飼っている犬によっては気を付けたほうがいいです。うちの子はこの目薬がかなり苦手みたいで、かなり激しく暴れられてしまいました。おかげで目の病気もまるでよくなりません。仕方ないので、今は飲み薬で治しています。飼っている犬が落ち着きのない子なら使う時は注意した方がいいです。購入した目薬も結局ほとんど使わずに余らせています。

白内障は、一度発症したらどうにもならないと思ってました。クララスティルを使うようになって、ちょっとずつ治療に前向きになってきました。以前は物にぶつかりそうに歩いてたり、たまにぶつかることもあったのに、クララスティルを続けているとスムーズに歩けるようになってました。どこまで回復できるのかはわかりませんが、少しでも可能性があるなら頑張って続けていきます。

量がすごく少なくてこの価格は驚きですが、実際に病院で買うのに比べたらだいぶ安くなってたりするんですよね。むしろこの価格に感謝してます。実際に目薬を差そうとするとだいぶうちの子の抵抗を食らいましたが、薬を無駄にしたくない一心で頑張って差してます。これだけ頑張ってるので効いてほしいです。まだ変化はなさそうですけど…。

このお薬は病院でも使われているみたいですが、あまり症状を良くすることに関しては期待できないというか…あくまで進行を遅らせるだけのお薬という認識で使っているのですが、実際のところどうなんでしょうか。結果はどうであれお薬を切らすわけにはいかないので、なくなりそうになったらまた買うかもしれません。それより先に、病院で違う薬を出される可能性も考えてます。

愛犬が白内障だと発覚したのが、ものすごくショックでした。でも飼い主としてできることをやろうと思って、病院でもらった薬を慎重に使いました。その薬がクララスティルで、通販でも買えることを知ってからは通販からも取り寄せました。目薬の扱いにはすっかり慣れてきて、ほとんど失敗しないで差せるようになってます。症状がちょっとずつ緩くなってきてるらしいです。

犬用のクララスティルは見覚えがありましたが、猫にも使える薬だということはこのサイトで初めて知ったかもしれません。うちには犬も猫もおりますが、今回白内障の診断を受けたのは猫だったので、さっそく買ってみました。安くはないですけど、本格的なお薬だしむしろ納得のいく価格かと。毎日よく観察しながら使ってるので、良くなっていくことを祈ります。

先月から左目が若干白っぽくなってきたように見えたので、病院へ行ったところ手術を勧められてしまいました。しかしそこまでのお金を捻出することができず。ということで、クララスティルで様子を見ていくことにしました。とりあえずここなら安く手に入るし、クララスティル自体もそれなりに効果があるみたいで白内障の進行をグッと抑えつけることができています。

突然12歳のペットが白内障になり、目が見えづらい状態になってしまいました。これまでの元気な姿はなく、とてもおとなしくなってしまいました。このまま放っておくのはよくないと思い、クララスティルを購入。使い始めて数日後、どこにもぶつかったりすることなく普通に歩けるようになってくれたのでよかったです。これは結構効き目があると思います。常備しておいて間違いなしですね。

今までシーナックという点眼薬を使っていたんですが、もっといいものを使ってあげようと思いクララスティルを買ってみました。投与し始めたのは大体去年の冬くらいで、最初は1日2回、それ以降は1日1回の投与をしていました。しかし進行具合はそこまで変わらず。一方でクララスティルの方は、投与後1週間程度で進行がぴたりと止まったような気がします。これはちょっと期待です。

去年の秋頃に片目だけ白内障になってしまいました。しかしその後すぐ症状が加速し始めてしまい失明。一応病院へ連れていきましたが、とりあえずダメ元で点眼薬を使ってみたらどうかということでクララスティルを使用。最初の数か月間は効果がなくてやっぱりダメかと思っていましたが、それから少しだけ白濁が薄くなっていることに気づきました。奇跡が起こりそうな予感がします。

女の子のトイプードルがいるんですが、最近白内障の症状が少し出てくるようになりました。このままだと失明する恐れがあるということで、ひとまずクララスティルを使用しています。点眼してから数日経過しましたが、白濁の症状はかなり薄くなってきたようです。おそらく白内障の症状が出たばかりのタイミングだったからだと思います。やっぱり早期発見からの治療は大事ですね。

うちのワンちゃんのために購入しました。もう結構な年齢なのでこちらを使って白内障の予防と治療を進めてます。調子は良さそうなので今のところはいい感じですね。

クララスティルの関連商品

電話番号
閉じる